FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京駅??
IMG_0190.jpg

ここはローマの中心部なのだが、来るたびに何となく雰囲気が東京駅に似てると思う。
日本に帰るたび、都心のビルを眺めるたび、その斬新さにびっくりするが、
個人的には、赤煉瓦の東京駅のようなレトロ調なもののほうが、何となく落ち着く。

だから東京駅がそのままの景観で改修されたのは、心から良かったと思う。
そして、つくづく日本人は何か一新するのが好きな民族なのだと思う。
たしかに、ローマ時代の下水設備をいまだに使っているイタリア人もそれはそれはそれで問題と言えば問題なのだが、使えるものは使いましょう、という姿勢は正しいと思う。

この間、親日家の指揮者と話した時、話題は日本のお寺におよんだ。
「日本では、大きなお寺、仏閣などは何十年かに一度解体するの。それで、だめになったところだけ作り足して、使えるものはそのままもう一度組み立てるの。釘を使わないから、そういうことができるのね。それだけではなく、宮大工の技術を次の世代に伝えるにも、数十年に一度の解体改修工事は理にかなった方法なのよ。」
と偉そうに、説教してみた。(こういう時、日本人としての誇りを妙に感じる私)

そうしたところ、指揮者をはじめ、イタリア人オーケストラ団員は
「僕たちもちょっと、いろんなもんを解体して掃除して、組み立て直した方がよくないか?
例えばあの水道橋、、、、」、などと口々に言い出す。
確かにローマの街並はなんとなく茶色い。確かに相当汚れてそうだ。
それに比べ、パリの街並は真っ白でちゃんと洗ってそうだ。

ひとしきり、あの建物が汚い、あのモニュメントはどうにか白くならんものか、とわいわいがやがや話し合う。

イタリア人はわいわいがやがや話し合うのが好きなのだ。
どうでもいいことでも、とにかく話し合う。意見が合致してしまうと、彼らは落胆する。
討論できないから。意見が割れようものなら、喜び勇んでさらに声とジェスチャーのボリュームをあげて、意見を戦わせる。

そんな話し合いの後、彼らはそれぞれ口々に
「でもさ、2000年も前のことだしさ、今の僕たちにつくれるのかね。
ヴェネチアに最近作ったばかりの大きな近代的な橋はもう既ににひずみが出てきて、まずいらしいって言うし、でもローマ時代の水道橋はまだちゃんと建ってるよね。どうやって作ったんだろうね。すごいね昔の僕たち」
といって、訳の分からないところで嬉しそうに笑っている。
今、ローマ時代の橋を造れない、ということを憂いているふしはさらさらない。

「昔の僕たち」という発想が今ひとつわからないのだが、おおよそにおいてイタリア人たちは幸せになりやすい体質なのかもしれない。私も見習おう。

でも、私は生真面目な日本人だから、やっぱり伝統文化は受け継いでいきたいなと思う。宮大工にはならないけれど、そういうものが受け継いでいかれるような世の中になるように努力したい。

明日から、Konstantin Bogino のマスタークラスを受けにBari行く。
イタリアで唯一日本語のうてるMacのiBook は持っていかないつもり。
盗難だの、故障だのにあうと非常に困るから。
イタリアで買ったAsusを持っていくつもりだけれど、日本語は書けない。
Web上のどこかのページで日本語がうてるはずなんだけれど、
それも今のところ見つからないので、17日まで更新が途絶えるかも。
それでは、よろしく。
スポンサーサイト


未分類 | 00:43:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。