FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モノーポリ より
IMG_0303.jpg


IMG_0344.jpg


Monopoli から昨日やっと帰ってきた。
最終日にコンサートをしなければいけなくなったので、こんなに長居してしまった。

モノーポリは地理的にイタリアを靴にたとえると、かかとにあたるところに位置するのだが、
イタリアとはいえ、街並も気分もギリシャだか北アフリカのようである。
海の水も写真ではよくわからないかもしれないが、完全に透明なのだ。

家のベランダの柵だの鎧戸だのがこーんなトルコブルーなのだ。
きわめつけは、この玄関の扉。


IMG_0291.jpg


こんな扉の家に住みたいと思ってしまう。しかも家の壁は太陽に反射してどこまでも白い。
どの家の壁も真っ白である。
家の壁を白く保つことが町内会の掟かなにかのように、とにかく白い。

久しぶりに魚介類を山のように食べてきた。もちろん生ウニも。
モノーポリ人たちは、はじめ私にウニをおそるおそるすすめた。
内地のイタリア人同様、そのウニのとげとげ真っ黒な外見から、わたしがたじろぐと思ったらしい。しかし私は日本人なのである。厚手の手袋をモノーポリ人からうけとって見よう見まねでナイフをウニの口(もしかしたら肛門かも、、、肛門だったらやだな)に突っ込んでウニが「ああ、やめて」というすきをあたえずに、くわっと開けてしまうのである。
そこにレモンを搾って、スプーンですくって食べるのである。
誠に美味であったが、醤油とわさびを持ってこなかったことを深く深く後悔した。
ウニ丼が食べたいぞ。

そんなこんなで、レッスンの合間にモノーポリの音楽院のテノール歌手とソプラノ歌手と
船で、海に出て魚を捕ったりもした。(写真がなくて残念)

ここで、全然関係ないのだが、モノーポリの人たちは本当に親切だと思う。
日本の音大を知らないが、私のいるところは歌手同士、同じ楽器同士あまり仲良くない。
というか、正直、意地悪もされる。ライバルだと思えばなのか知らないが、コンクールじゃないんだし、自分の最良を発揮できるように努力しましょう、と思う私にはあまり居心地が良くない。
ところがこのモノーポリの音楽院、みんな本当に仲が良くて、親切なのである。しかも、レベルも高い。ここの人たちはローマの音楽院てすごいんでしょ、、、と一抹のあこがれを持って口にするが、一部の天才をのぞけば、ここの方がレベルが高いんじゃないのとまで思ってしまう。
初日、夜8時をゆうに回った頃、私はモノーポリの街で道に迷っていた。
イタリアは8時が夕食の時間なので、8時を境に格段に人通りがとだえる。
そして見えるのは車で家路に急ぐ人たちだけ。
そんななか、やっと止まっている人と車を見つけたので、道を聞いた。
すると、道を親切に教えてくれた後、良かったら送ってあげるよ、という。
歳のほどは私ぐらいの(つまり今は旬の若い)男の子である。

知らない人の車に乗るなんてとんでもない、と思った私は丁寧にお礼を言って、教えてもらった方向に歩き出した。歩くこと5分ほど、
目的地の修道院が見えてきたあたりで、なにかにつけられてる気配がして
後ろを振り向くとさっきの男の子が車でついてきていた。私の歩行にあわせたのろのろ運転で。なんなんだ? と私が思う間もなく彼は「そう、あれがサン、ジュゼッペ修道院だよ」というと私に手を振って、アクセルを踏んで去っていった。
外国人の私が、ちゃんとたどり着けるか心配だったのか、ちゃんとたどり着くのを見届けたかったのか、とにかくどこまでも親切なのであった。


話を元に戻そう、モノーポリ港は日本にもある漁村の面持ちだが、

IMG_0308.jpg

こんな風にローマ時代のアーチなどが重なって見えて、やっぱり地中海の海なんだな、と思わせる。なんか南イタリアっていいなと思う10日間であった。

なんだ、マスタークラスとか言って遊んでたんじゃないの? と思う方のために、
マスタークラスの写真ものせておく。
因に、選抜された生徒は毎日最低1時間はレッスンがあったので、そうそう遊んでいたわけではないのである。念のため。


IMG_0226.jpg
スポンサーサイト


旅行 | 08:01:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
う~ん、バスクの漁村を思い出させる美しき空・・と、美味な魚介のお話だぁ~。怖い南イタリアではなく、人も街も優しくて良かったね!

しかし。。美し過ぎるターコイズブルーとは打って変わって、赤いお鼻の偏屈研究者を思わせる髪型の先生の風貌・・・。それに、うっすらと、あなたの腕も日焼けしてピンク色に見えますわぁ~。
2009-09-22 火 09:39:57 | URL | YK [編集]
たしかに、マエストロ、ボギーノって、鉄腕アトムの博士に似てるよね。
(こんなこと、公開ブログで書いてしまっていいのか、、、、??)

コンサート以外ではじめてお会いしたのだけど、すごい音楽家でした。しかも人間的にも、本当にあったかくて、よくある「すごい音楽をする変人」ではなかったところに、私はとても感動しました。
有名人の写真をこんな風にのっけてしまっていいのか?という疑問もあるので、
(マエストロは写真を撮っているのは知っていたけれど、まさかインターネットにのせるとじゃ思ってなかったかも、、、)この写真は後々取り除くかも。
日本では、皆に啓発されて日焼け止めをちゃんと塗る私ですが,
イタリアでは結構塗り忘れが、、、。日焼けしたようです。

2009-09-22 火 14:44:34 | URL | Pesce rosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。