FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界遺産 アルベロベッロ Alberobello
IMG_0330.jpg

Monopoliで最終日にコンサートをすることになったと、ローマのPE先生に言うと、はるばるローマからやってきてくれた。しかも車で!!

Monopoli はローマからユーロスターという新幹線のようなもので4時間40分かかるのだが、車だと5、6時間はかかるらしい。そこをわざわざやってきてくれたのだから、きっと私は愛弟子なのだと思う。たとえレッスンはものすごく怖くても。

そんなわけで、マスタークラスのレッスンの合間にPE先生とその車でアルベロベッロに行ってきた。
アルベロベッロは日本語で書くと舌がもつれそうな地名だが、イタリア語では「美しい木」という意味。
モノーポリから車で曲がりくねった道を40分程度行くとたどり着く。
(バーリの駅から列車でも行けるが。)
トゥルリというとんがり帽子の一風変わった家屋が集まっている地帯は世界遺産にも登録されている。
このTrulli、その昔開拓農民が住んでいた。
屋根は石灰岩を平たく切り出したものを円錐形に積み重ね、頂上のとんがりのところに、飾りをつけたりもする。
家の壁は円柱形である。それが家の規模により2.3個つながっているのである。したがって、この家、廊下がない。まあるい部屋が芋虫のようにつながって出来ているのである。
唯一存在する二階建てのTrulliを見学したが、思ったより大きいものの、これが一番大きくて豪華なTrulliですよ、ということを考えると、やはりその昔の農民の大変さがしみじみと伝わってくる。
どこかのガイドブックに「おとぎ話にでも出てきそうなメルヘンチックな街並」というような表現があったが、私はとてもではないがメルヘンチックな気分にはなれなかった。
どこかの前世で、南イタリアの開拓農民として苦労して死んだ過去でもあるのだろうか。


IMG_0320.jpg

道に面したTrulliの入り口は、円柱をパカッとバターでも切るかのように切り取って、
平たくしてある。(そうしないと、ドアが取り付けられないからでもあるのだが)
壁には真っ白の漆喰が塗られ、南イタリアの強い日射しを照り返していたが、世界遺産に登録される前、観光客もほとんど訪れなかった頃は壁も薄汚れ、屋根の飾りもなかったとか。

今ではすっかり、観光地と化して、TrulliのミニチュアだのTシャツだのを売っている。
私もTシャツが欲しかったのだが、PE先生に白い目で見られて踏みとどまった。
写真に写っているのはPE先生。インターネットなんかに私の写真載せないでよ!と言われているのだが、先生がすたすた先を歩いて、その後を私が写真を撮りつつ歩いていたので、先生の写っていない写真がない。ヴィオラはマイナーな楽器だし、この影だけでPE先生がいったい誰なのかわかる人はほとんどいないと思うので載せてしまう。

ところで、試験もあるというのににネットをぶらぶらしていたら、こんなものを見つけてしまった。その名もドームハウス。まさに日本版Trulliである。
これを読むと、このTrulliの形はとても合理的に出来ているということがわかってくる。
それとも、古今東西、今も昔も大体人間の考えることは同じようなこと、ということか?
スポンサーサイト


旅行 | 16:08:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おぉ!世界遺産だ。
へー、やっぱり、そうなんだぁ。アルベロベッロは確かにメルヘンチックとよく紹介されている(世界遺産ツアーの)広告を見るよ~。でも実は私も、写真を観て、なにか殺伐とした空気というか隠遁者の住居的な臭いを感じた・・。苦労してたんでしょう、やはり。。

それはそうと、ドームハウス!

美瑛在住の友達は、建築素人の自分達で建てられるのはドームハウスだ!と言って、自前のドームハウスに住んでるよー♪良かったら、HP見てみてー。私が遊びに行ったときの記事のURLはこちらでござるー。

http://dome.biei.ciao.jp/?eid=1168347 夏版
http://dome.biei.ciao.jp/?eid=1311855 冬版

ホント、かわいいおうちだよー。
2009-09-25 金 16:50:48 | URL | YK [編集]
うん、Trulli は秋だというのにまだまだぎらぎらの太陽にさらされて、
真っ白で、あまり人を寄せ付けないというか、、、つまりは、親切で陽気な雰囲気は漂っていないのよ。観光地と化しながらも、どこか人を拒む感じ、、、。うまく説明できないけど。多くの日本人はこれを見てメルヘンチックと思うのかしら。統計とって見たい気がするね。

すごいね、君の友達のドームハウス。自分で住む家を自分の手で作る。昔は当たり前のことだったんだろうけど、今時すごいね。自分で作った家、すごい愛着がわくだろうね。
世の中にはフェルディナン・シュヴァルという人もいるからね、、、。
2009-09-27 日 18:58:25 | URL | Pesce rosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。