FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
友達とバロック音楽
CIMG2770.jpg

ヘンデルの「リナルド」をやらなければいけないと聞いたときから、嫌な予感はしていた。
何故なら普段私は、19世紀以降のものを専門にしているから。
バロックものは音楽院時代にすこし勉強した程度。

音楽のスタイルだの何だのはそれでもどうにかなるのだが、基本的、致命的に私を苦しめるのは、基本のラの音が442ヘルツではなく415ヘルツであること。
つまり、完全に半音低いわけである。楽譜にドと書いているのに実際はその半音下のシの音を歌わなければならない。

バイオリニストの五嶋 みどりさんが、「日本では基本音が440で練習していたので、アメリカに渡って、ピアノなどが442ヘルツに調律されているので、はじめはすごく気持ち悪かった」というようなことをどこかで書いているのを読んだことがある。

私の場合、440ヘルツと442ヘルツの違いは感じるが、耐えられない程というわけでは全然ない。しかしそれが415ヘルツまで下がると、混乱する。
みんなに「半音きっかり低いんだから割り切って考えろ!」とも言われたが、いっそう混乱するだけである。

「あーあーあー」と頭をかきむしる私を見て、友達が助け舟を出してくれることになった。
私の周りをみまわすと、実はバロック音楽関係者(?)だらけである。そんなわけで、彼らが私のためのカラオケをしてくれることになった。

まず、上の写真中央がパートナーのパオロ(バロックフルート)、その右が私の親友のAC (ピアノ科とチェンバロ科と大学の哲学科まで卒業している秀才)、ACの前にいるのがその弟のJP(フルート)、後ろにいるのが例のアンドレア(昨日のコメント欄参照)(バロックオーボエ)、一番左が私(声楽科、第一文学部卒、ヴィオラ科10年生)。

私の練習につきあって、オーケストラのパートをそれぞれ弾いてくれるのだからホントにありがたい。私のためだけのオーケストラである。まさにカラオケ!!

IMG_0580.jpg

練習は夜9時から深夜0時まで。AC少し眠そうです。ありがとね。

IMG_0585.jpg

アンドレアがコンサートでウィーンに行ってしまったので、パオロの友達のRBがオーボエのパート。ありがとうございました。恐縮です。

IMG_0590.jpg

そしてなんと私たちの友達のBZがビオラ ダ ガンバを弾いてくれます。ビオラ ダ ガンバ奏者そういるものではありません。ありがとうございました。

こうして多くの人々に迷惑をかけつつも、私の耳は何となくバロック音楽の半音下の世界に馴染みつつあるのである。
めでたし、めでたし、、、、、、、ではないのである。

同じ時期に現代音楽(ペンニーシ)のコンサートもあるのである。
ヴィオラを弾かなくてはいけないのである。

どうしよう、、、。











スポンサーサイト


音楽 | 13:05:57 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
おぉっ
な、なんと、すごいタイムリーな話題。。先週の金曜日、ギターの先生からカノンを習い始めたのだけど、クラシックの世界というのはね、と、440ヘルツと442ヘルツの話しをしてもらったばかり・・。

その話が、とてもこのエントリー理解に役立ちましたi-185

友情を手に、がんばるのだー。エイエイオーi-184
2009-10-13 火 14:11:33 | URL | YK [編集]
Re: おぉっ
偶然はないんです。v-218
ところで、あんまり音楽の話題は今まで書かなかったんだけれど、(生活の一部だから、あまりにどっぷり浸かっていて、書きたい気にもならないし)でもやっぱり、悩みが音楽のことだと書くようになるわけね。でもさブログは日記とはいえ、読んでくれる人がいるわけで、もう少しわかりやすく書いた方がいいと思う?
私のブログ読んでくれてる友達は君みたいに高校や大学の友達だから、クラシック関係者皆無だし、ブログランキングは海外情報とかに登録してるから、これまたクラシック関係者ほとんどいないと思うし。きちんともっとわかりやすく説明した方がいいのかな。
どう思う? 
2009-10-13 火 17:42:45 | URL | Pesce rosa [編集]
結論
そのままでいいと思うv-219

読み手に消化不良を起こさせないように、とは私もよく思うことなので、気持ちはとっても分かるけど、ブログは、読み手が取捨選択できる読み物な訳だから、ある程度は割り切るしかないかな~と思ってます。簡潔な説明って、ほんっと難しいもの。(私の場合、下手に(長々・・)説明して、逆効果になる危険度が異常に高いv-283。)

・・とは思いつつも、この記事の「わかりやすく」について悩んでみました。えぇ、真面目に(笑)私がギターを習う前だったら、とか、先生に話を聞く前だったら、とか想定し、440/442/443/415の話をネットで読んでみたり・・。

そして思ったこと。442→415は、Pesce rosaちゃんの「半音下がる」と言う表現が一番イメージしやすかったよ~i-221

ネットで見つけた唯一の収穫?!は、「442ヘルツより、443ヘルツは少し明るく聞こえ、逆に440ヘルツだと地味に聞こえる」位と言う表現かな~。

・・数字での表現には抵抗を感じる人と、分かりやすく感じる人とがいることだし、「Pesce rosaちゃん難しいことやってるんだな~、大変なんだな~」でも全然問題ないと思うし。多分、ギター習う前の私は、ここで落ち着いていたに違いないv-219

そもそもは私が「・・理解に役立ちました」とか書いたら、気にさせちゃったのよね。ごめんネ~!!・・でも。私みたいな奴には、宇宙が今回のように、別のシーンで参考書を手渡してくれるってことも分かったし、安心してv-218

2009-10-14 水 03:40:42 | URL | YK [編集]
YK ちゃん、いろいろ考えてくれてありがとう。(笑) v-238
書いてるときから「説明がいるのかなーこれ、、、」と考えていたので、全然君のせいではないのよ。気にしないで。

たわい無い日常の出来事を読んでくれる人がいて、ありがたいなー、嬉しーな、と思うので、なるべくわかりやすく、、、なんて自意識過剰になってしまうのね。(笑)

まあこれからも、肩肘張らず、ストレスなしにのんびりやっていこうっと。
始めたばかりだしね。
ありがとねー。

2009-10-14 水 14:30:56 | URL | Pesce rosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。