FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋のイタリア Part.2
IMG_0604.jpg

コンサートをしなきゃいけない時に限って、ちっとも練習がはかどってない時に限って、無性に料理がしたくなる。
普段は市場や近所の八百屋などで、簡単に買い物を済ませる私だが、ストレスがたまってくると、大型スーパーに行きたくなる。日本人の本性発揮か。
車がないといけないので、パオロに「ねー、食料買い出しにいこうよ」と言うと、奴も慣れたもので、「ああ、コンサートの練習はかどってないのね」ってなぐあいに、すぐに運転手兼荷物持ちになってくれる。こういう時は、私に何を言っても無駄なのを良く知っている。ありがたい。

大型スーパーの中も、秋たけなわだった。
入り口に近い一角は生ハムに占領されている。サラミやチーズなども、わんさか所狭しと置かれている。そして私たちも買ってしまった、生ハム豚の足1本分。
スライサーを家に持っているイタリア人もかなりいるのだが、私たちは足を生ハム用のホルダーに挟んで、ナイフで切る。
ちょっとこつがいるのだが、慣れてしまうと機械で切るより手で切った方が、断然美味しい。

IMG_0613.jpg

お次は、パスタコーナ。だだぁーっと、左右の棚に種類とメーカーの異なるパスタが並んでいる。これ、すべてパスタである。写真に写っていない所まで、見渡す限りパスタ、パスタ、パスタ。よくこんなに違う形思いつくよな、、、というくらい、ありとあらゆる種類が並んでいる。

IMG_0615.jpg

はい、次はトマトソース。
イタリアと言えば、トマトソース。こちらも、瓶づめ、缶づめ、紙パックのありとあらゆるメーカーのトマトソースがだだぁーっと並ぶ。どれも同じだろうと思ってはいけない。
使っているトマトと製法の違いから、どれも微妙に違うのである。
私のおすすめはシチリア産のPomodoro cilieginoを使ったもの。Pomodoro cilieginoとはその名も「さくらんぼ トマト」日本のミニトマトぐらいの、楕円形のトマト。とても甘い。

IMG_0616.jpg

スーパーから帰って来て、作ったのは「サーモンとフェンネルのホワイトクリームグラタン」。
あまりに巨大なのでケーキのようにカットして食べる。

IMG_0640.jpg

ベーコンとほうれん草とモッツァレッラチーズのキッシュ。
それから、セロリと人参とタコのサラダ、オリーブオイル、アンチョビ風味。

ああ、練習しなきゃなどと思いつつ写真を撮ったので、あまり奇麗に撮れていないのが残念だが、味はとても美味しかった。

明日こそちゃんと練習せねば。
スポンサーサイト


食べ物 | 22:50:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
うっわぁあぁぁぁーーー
すごいハム類
あと、豚足一本分の生ハム買いなんて夢見たい・・・
ちなみに、料金はおいくらぐらいでしょう・・・
すごいです。
あとスーパーで並んでいるトマトソースも圧巻ですね。
ただ、イタリアのスーパーって日本みたいに先入れ先出しとか
しないから、前から前からどんどん商品を詰めていく店もあって、
選ぶとき気をつけないと、古い商品が混ざってたりしますよね。
2009-10-17 土 07:07:39 | URL | がっちゃん [編集]
こんばんは。
豚足一本分の生ハム、イタリア人は結構買っているようですよ。
大型スーパにあんなにぶら下がっているわけですし。(笑)

種類も値段も様々なのですが、高価なのになると、ちゃんと足に爪が付いていたりします。
(イタリア人はその方がビジュアル的により美しいと思うのでしょうか?)
爪付きはさすがにちょっと怖いです。

私たちが買ったのは、中級で70ユーロ程度のもの。
重さにもよるのですが、(量り売りです)大きめのものを選びました。

骨付きのものを選びましたが、骨を既に抜いてあるものは、キロあたりの値段が少し高くなりますが、すべて食べられて、切るのも楽なので便利です。

おっしゃるように、イタリアは期限切れのものが平気で売られています。(笑)
期限切れのものを買うのも、消費者の自由選択と思っているふしがあります。
しかも、定価どおりです。(笑)

期限内でも、真空パックのウインナーなど、どう見ても色が変わっているよなー、というものもあります。(製造過程でちゃんと真空になっていないようです。)
だから、買う時は賞味期限だけでなく、いろいろ、ひっくり返したりしてよく見ます。

すでに習慣で、日本に帰った時もやってしまって、母親に不信な目で見られたことがあります。
ほんと、日本に居たらしなくていい苦労ですよね。
2009-10-17 土 21:50:17 | URL | Pesce rosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。