FC2ブログ
 
■プロフィール

Pesce rosa

Author:Pesce rosa
早稲田大学第一文学部を卒業後、なにを思ったかイタリアに渡り音楽院の声楽科に入学。
これまた、なにを血迷ったかヴィオラ科にも通いだし、
2011年の現在、イタリアの音楽院の声楽科、ヴィオラ科を卒業。

br_decobanner_20090901092629.gif



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

free counters




このブログ内の写真と文章を無断で転用することは固くお断り致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2ブックマーク
■Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パオロの日本人化
CIMG3601.jpg

うちのパオロが、日本人化している。
人がせっせと練習しているとなりの部屋から、何やら懐かしい、心に響くメロデーが、、、、。
何のことかと思って、しばし耳を澄ますと、なんと「さくら、さくら」とそのヴァリエーションではないか。勝手に変奏曲を作って吹いているのである。しかもかなり上手い。
しかし、普通のフルートの音でもなければ、バロックフルートの音でもない。
もちろんリコーダーでもない。
なんなんだ? 人がこんつめて練習している時に、迷惑な奴だな、、と思いながら、覗きにいくと、吹いていたのはこれ、

IMGP0089.jpg

尺八!!!
一昨年、日本に行ったとき買ったものである。
友達のえりなちゃんが尺八製造者を捜してくれて、(普通の日本人はどこに尺八が売ってるのかなんて知らないよね)みんなで買いに行ったのだ。
値段を聞いたとき、、「おっ、高っ!」と思ったのだが、
日本に行く前から、奴のフルート友達に「日本でシャクハチ買うんだー。」と
嬉しげに言ってまわっていたし、本人も買う気満々なので、何も言わなかったのだが、
確かに美しい楽器である。

尺八は竹の根の所から作るので、一本の竹から一本の尺八しか出来ない、
すべての竹から作れるわけではない、むしろ形のいいものを探すのは難しい。
製作に取りかかる前に何年も竹をねかせなければいけない、とか、
お茶まで出してもらって、いろいろ説明してもらったのも、本当によかった。

そして、内側に漆を塗る工程とかを少し見せてもらって、本人は大喜びだった。
しかも、例のオーボエのアンドレアおじさんの物欲にまで火がついてしまって、何百本とある尺八の中から、大きさ(音程にも関係する)と値段と相談しながら尺八選びが始まった。

尺八は音を出すのが難しい楽器だと言う。
実際、吹きながら選んでいくのだが、私も他の皆も、音をほとんど出せなかったのだが、パオロだけはちょっと苦労しながらも、何となくさまになる音を出してしまった。
フルートって尺八の吹き方に似てるのね、ってなわけで、
彼だけが最終的に尺八を買ったのである。(アンドレアは前の日ビックカメラで、気の遠くなるような値段のデジタル一眼レフを買ってたしね。)

そんなわけで尺八と、尺八の演奏に関する本とCDも買って、意気揚々とイタリアに帰って来たのであるが、その後パオロが尺八を練習している姿はそう見なかったのである。
そもそも、縦長の家にすんでいるので、入り口近くのパオロの書斎と、一番奥にあるの私の練習部屋はかなり離れている。
かくして、お互い練習している時は、相手が何をやっているのかよくわからないことが多い。
しかし、何故だか今日は、奴が寝室で練習をはじめたので、「さくら、さくら」が聴こえた次第である。
しかも、尺八独特ののずり下がり、ずり上がりの音程もばっちりきまって、びっくりする程上手いのである。
ヴィオラ片手にずかずか入って来た私に気がつくと、
「今度のコンサートのアンコ?ル、尺八でなんかやろうかな。」などとのたまふ。

コンサートが日本でじゃないんだったら、いいんじゃない?、と思う。
日本でやってもかなりいい線行っているとは思うのだが、なにせ、尺八に詳しくない私は何とも言えないのである。
しかも、日本人がバロックもののコンサートに行って、アンコールが尺八だと、どうも収まりがつかないのではないかと思うから。

そんな私のコメントは無視して、奴は続ける。
「でさ、歌舞伎役者みたいにサッとジンベイに着替えて(早変りのこと?)ステージに尺八とともに戻って来て日本の曲演奏するの、いい考えだと思わない?」

あの、甚平は部屋着なんだけど、、、というと、「ああ、だったらユカタ着る」と言う。
浴衣もあまり公式の席で着るものではないんですが、冬だったら寒いしね、、、と言うと
「えー、だったらあのカゲムシャとかのとんがったやつ(裃のことです)着なきゃいけないの。どこに売ってるの?」と聞いてくる。

脳裏に、アンコールにステージに戻って来たバロックフルート奏者が、裃を着て刀をさして、スポットライトを浴びて尺八を吹く姿が浮かんでしまった。

これはどうしても阻止しなければいけない。


スポンサーサイト


生活 | 20:51:13 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
爆笑!!
いやーーー裃って、「遠山の金さん」みたい
ついでに、さくらさくらを演奏しながら、桜吹雪の刺青を見せるとか・・・
ボディペインティング大変そうだけど・・・
尺八って西洋の楽器にはない音色っていうか、掠れた感じがワビサビを演出するのか。
ZEN!!!なんていわれて好評かも

ところで、リンク(ブックマーク登録させていただいていいですか?)まだお一人も登録していらっしゃらないから、そういうのがお嫌いだったらスルーして下さいねぇーーー
2009-10-18 日 07:52:13 | URL | がっちゃん [編集]
ははは、「遠山の金さん」ですか、、、。
確かにそうかもしれない。(笑)
Youtubeとかで調べて、本人に見せてあげたい気もするのですが、
「これ、やる。」と言いそうで怖いので、見せないことにします。
北島三郎みたいに紙吹雪が舞うってのもありですかね、、、。

友達のテノール歌手が、合唱でフィレンツェの歌劇場で働いているのですが、
トゥーランドット公演(確か日本にも持って行ったはず)で背中に大きな龍の刺青ペインティングをしてもらって、嬉しくて嬉しくて、写真を撮って、引き延ばしてポスターにして、自分の部屋の壁に貼っています。
普通、男が自分の背中のポスターを部屋にはるかね、、、。

それから、リンクしていただいて一向にかまいません。(笑)
こちらこそありがとうございます。

はじめたばかりで、よくわかっていないところもあって、あまりいじっていないのですが、時間を見つけてちょっといじってみます。
そして、「リンク自由ですが、一言いただければ嬉しいです。」とかって、今時のブロガーらしく書いておきます。
お気を使わせてしまって、ごめんなさい。
これからも、どうぞよろしく。
2009-10-18 日 15:40:57 | URL | Pesce rosa [編集]
 はじめまして! 面白かったので思わずコメントしてしまいました。私は日本に住んでいて、イタリアのことであったりそこに住んでいる人の日本に対する考え方などを知る機会はあまりないので、とても面白いです。今回の話など笑わせてもらいました。
 しかし、じんべえに尺八でステージに登場するという絵を頭に思い浮かべて「悪くないのでは?」なんてことを思ってしまった私はどうやらセンスが変なようです(笑
2009-10-18 日 16:30:49 | URL | queen [編集]
はじめまして。
コメントありがとうございます。
日々の日記を読んで下さる方がいて、しかも面白いと思って下さる人がいるなんて、
本当に嬉しいです。

最近私も、イタリア人との感覚のずれを楽しむことが出来るようになりましたが、
ここに来たばかりの頃は、
「なんで、そうなるんだぁ?」とその違いに呆然と立ちつくすのみで、(笑)
笑う余裕はありませんでした。

最近ブログをはじめたばかりなのですが、いい時期に始めたのかな、と思います。
以前だったら、もっと、イタリアに対する文句が炸裂していたかも。
あまり、重たくならず、軽く笑っていただけたら本望です。

ところで甚平ですが、
ステージに立つとお客さんの目線のちょうど上辺りに、スネ毛がふさふさと見えることになると思いますが、、、、どうでしょう。(笑)



2009-10-18 日 22:16:00 | URL | Pesce rosa [編集]
おお!
久々にブログを訪れて、パオロさんのお姿を初めて目にしました~(*^_^*) 尺八が大変さまになっていて、素晴らしいのでは!?
日本人の観客から見て、イタリアの演奏家が甚平を着て尺八をアンコール演奏していても普通に面白いと思うのだけど、どうかしら? とても親日派でユーモアある人なのね♪と思われてかえってファンが増えるかも!(^^)!

とはいえ、そういう面白路線を行くつもりがないのであれば(クラシック・バスカーズのように(笑))、アンコールに尺八はない方がいいのかなあ。でも面白いのでいつか是非是非やってください。期待してます!コンサートも頑張ってね♪
2009-10-19 月 10:37:41 | URL | asako [編集]
おお、久しぶり。
そういえば、君パオロに会ったことなかったもんね。
それがさ、なんか尺八上手いんだよね、奴。
ご存知のように、私、自分にだけじゃなく友達にも厳しかったりするじゃない?(笑)
その私が、いい線言ってると思う、と言うのはどの程度か想像できるでしょ、、、、。

お腹も出て来て、和服着たら似合うんじゃない?という体型になってきたので、
近々尺八甚平デビューしてしまうかも。
私は知らない人の振りします。

なんちゃってクラシックといえば、下のリンク、ぜひ見てみて。
二人ともすごい上手いのに、こんなことやってます。
私は、ヴァイオリニストのファンになってしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=vvlCu1_noTc
2009-10-19 月 16:07:53 | URL | Pesce rosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。